スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/1/15の食事

http://www.tobunken.com/diary/diary20100115161403.htmlから抜粋。

起床:

朝11時起床。


昼食:

12時昼食、母の室で。
マグロ山かけ、ワカメのお汁、白菜漬け。
ご飯の上に山かけはぶちまけて、山かけ丼に。
うまくて、かき込むように食べてしまう。


 主食とマグロの量の記述がない。
 食事はよく噛んで食べましょう。

夕食:

8時ころからもうメシにする。
とにかく寒いので暖まろうと、ニンニクスープを。
ニンニク4片を切って、中の芽はとって捨てる。
オリーブオイルでこれを炒め、生ハムの切ったものも入れて
さらに炒める。炒めタマネギ、皮を剥いたトマトの微塵切りを
加え、水と酒を入れて煮る。コンソメスープの素と塩、胡椒、
パプリカで味付け。固くなったパンを加えてさらに煮る。
味は上出来。飲んだ端から胃の腑がポカポカしてくる。
ただし、パンがフランスパンでなくハードロールだったので、
皮が麩みたいになって舌触りがちょっとダメ。

それと、鯨カツ弁当。


 全てにおいて量の記述がない。
 主食食べ過ぎ疑惑がある。

# アルコールは摂取していないのだろうか。
また、珍しく一日二食だがこれは信じていいのだろうか。

何はともあれ、追悼:

帰宅の車中、Taka@モナぽさんからの連絡で、田の中勇さんの
他界を知る。驚きと落胆と、それから、せめて生前にインタビュー
しておいてよかった、という気持ちとが交錯して、複雑な気持ち。
自室で何はともあれ追悼文を書く。


 追悼文を「何はともあれ」書く感覚は一般的なのだろうか。

昨今のB級C級マニア評論家のように泥沼の中に首まで
ひたるということなく、A級はA級として別格とし、それを批評の
基準とした上でBC級の面白さもちゃんと理解し評価するといった、
オトナの鑑識眼が何とも頼もしかった。
もうこういう映画評論家は出てこないだろう。
何も今の若い世代の評論家をクサしているわけではない。


 当然、自分をクサしているのですよね。

# B級カルト物件評論家という訳の分からない肩書きを自称している人が一体何を言っているんだろう、という疑問は誰しも抱くところだろう。

* 当ブログではA級カルト物件評論家を募集しております。また、自分はカルト物件評論家だけど、どのクラス(級)が分からないという方も同時に募集しております。当記事コメント欄に一筆お願い致します。

(2010/01/20)

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Liquid Liniment

Author:Liquid Liniment
病弱で情弱、しかも打たれ弱いっていう愚痴

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。