スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/6の食事

http://www.tobunken.com/diary/diary20091106141616.htmlから抜粋。

起床1;

朝、6時に目が覚め、


朝食1:

台所でウェルチのグレープフルーツジュース
飲んで水分を補給(しないと足が攣る)。


 ウェルチのピンクグレープフルーツジュース100エネルギーは当ブログ「2009/10/21の食事」で計算済みである。念のため再掲しておくと、コップ一杯あたり約76kcalである。

*「2009/10/21の食事」→http://tableofkarashun.blog119.fc2.com/blog-entry-28.html

* 水分補給する必要があれば、水または茶(エネルギーが0kcalの飲料)にしておいた方がよいだろう。なぜなら、ジュースは糖質を多く摂取してしまうからである。
 「ウェルチのピンクグレープフルーツジュース100」の糖質は何故か記載がない。

* 足が攣るのは糖尿病の合併症の一つである神経障害の可能性もある。主治医に相談してみてください。

起床2:

ふと気がつくと9時過ぎで、今日は朝食はいいや、と思い
二度寝したら起き出したのが11時。


朝食2:

入浴終えたあと、ポッカのビタエネCを飲む。
ウェルチとこのポッカが最近の定番。


 「ビタエネC」とは「ポッカ 240ビン ビタエネC」のこと。
ポッカ 240ビン ビタエネCの紹介サイトhttp://www.pokka.co.jp/products/drink/drink/4649.htmlからエネルギーを見ると54kcal/100mlである。
この飲料は240ml/ビンである。
よって一本当たりのエネルギーは54*2.4=129.6kcalである。
 何故かこの飲料にも糖質の記述はない。

* 朝食1と朝食2を合算して205.6kcalのエネルギー摂取である。
 朝食と見た場合、エネルギー摂取量は恐らく少ないと思う。糖尿病患者の一食当たりのエネルギー量だけを見えばよいように思えるが、先に書いた通り、ジュースは少量でも糖質をたくさん摂取できる飲料である。糖尿病患者は注意しなくてはいけない食品の一つである。唐沢氏はこのあたりをきちんと理解しているのだろうか。
 血糖値の観点からこの食事を分析すれば、唐沢氏はこの段階で二度も血糖値を上昇させている。それだけ膵臓や肝臓に負担を掛けていると言えよう。
 糖尿病患者にとって血糖値を上昇させるのは日に三度程度がよいだろう。内臓への負担も少なくて済む。

昼食:

12時、母の室。昼食、納豆、ロールキャベツ和風、筋子。


* 主食の記述がない。

夕食:

ケンタのチキンとオクラおろし、玉こん煮付けで
夕食もしたため、ちょいと晩酌も済まし、
[中略]
それからまた寝酒を飲み出し、


 「ケンタッキーフライドチキン | 商品情報 | 栄養成分・アレルゲン」(http://www.kfc.co.jp/menu/eiyou.html)内の「ケンタッキーフライドチキン栄養成分表」によれば「オリジナルチキン」のエネルギーは可食部平均重量87gに対して237kcalで、食塩相当量は1.7gである。
 糖尿病患者は一日当たり摂取する食塩(相当)量は6gが望ましい。日に三度の食事を摂るとすれば、一食当たり2gに抑える必要がある。
 オリジナルチキン1ピースで1.7gの食塩相当量を摂取するとしたら、残りの料理はほとんど食塩が使えない。推測にしか過ぎないが、糸こん煮付けで醤油を使っているだろうから、2gは軽く超えてしまっている。

就寝;

1時半就寝。



# 細かいことだが、ノンカロリーの飲料を摂取している場合は、そのことも正直に申告してほしい。

杉並会議室?:

第二稿の印刷を託して、先に今日の稽古場の杉並会議室へ。
稽古場の表示をここはちゃんと印刷したもので出していて、
一号室が“ああルナティックシアター”、二号室が“ひつじ同盟”。



 「杉並会議室」を探すことはできなかった。「セシオン杉並」のことだろうか。
セシオン杉並→https://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0030.htm
このサイトによれば、セシオン杉並は東京メトロ丸の内線の
高円寺駅から徒歩5分
新高円寺駅から徒歩7分
という距離にある。

9時、今日はみな珍しく、おとなしく帰る。稽古場が駅から遠い
こともある。私もバス、地下鉄乗り継いで素直に帰宅。


 こう書く程の距離ではないように思える。

 まさか「杉並会館」(https://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0033.htm)の第一集会室(https://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0033/00330101.htm)のことではないだろう。和室で芝居の稽古をするとは考えにくい。

脚本の完成度:

今日はみんな種々の事情で遅れぎみだったのでかえって助かった。
読み合わせし、立ちで演技をちょっとつけてみる。
基本、まずみんなOK、場面はちゃんと成立する。
ここをいかにふくらませていくか、だが、ハッシーや麻見さん、
テリーなどのところは、書いている段階でふくらませること
前提の遊びしろを作ってあるので、もうみんなノリノリで
どんどん膨らませている。これは書き足しがかなり出来そう。


つまり脚本を完全に書いていないということですね。

「博覧強記の仕事術」の著者の仕事術:

DVDで古映画でも見るか、と思い、メールみたら、今日が〆切の原稿が一本あった。
しかも、“厳守”とか書いてある。その時点であと“今日”が
1時間半しかなかった。

私のような業界歴長い物書きになると、“厳守”なんて言われても
驚かないのだが、明日も稽古だし、来週のスケジュールの過密を
思うと、これはいま、やっておかねば、と思い、酔いを醒して
書き出し、0時3分前に書き上げてメール。何とか“厳守”した。



 相手がいての仕事だから、唐沢氏の「今日」と相手の「今日」が同じとは限らない。
唐沢氏はこの前日(2009/11/5)に以下を書いている
(引用元:http://www.tobunken.com/diary/diary20091105124941.html)

ノンキすぎる某氏にメール、思った通りノンキな返事。
怒る気にもならぬが、しかし切実な問題なのだがな。
まあ、キチンとするって言ってるからしばし様子を見るか。



 唐沢氏に仕事を発注した方の気持ちもこれと同じだろう。いつものことだから怒る気になっていないだろうか。
 こんな人がビジネス書を上梓できるとは、本当に素晴らしい。

(2009/11/11)

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Liquid Liniment

Author:Liquid Liniment
病弱で情弱、しかも打たれ弱いっていう愚痴

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。