スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/17の食事

http://www.tobunken.com/diary/diary20091117105621.htmlから抜粋。

起床:

9時起床して入浴、歯磨その他いろいろ。


 はい、おはようさん。

朝食:

朝食はカットフルーツ。


 朝食の時刻と時間の記述がない。

昼食:

12時、昼食。納豆、エノキダケの味噌汁、サバ味噌煮。
サバは昨日よりねっとりしておりさらに美味。


 主食の記述がない。
 よく見ると豆類ばっかり。

夕食:

11時過ぎ、ピェンロー作り、明太奴、オクラおろしと共に。
冷蔵庫に長いこと残っていた飲みさしワインをカチワリワインにして。


 主食の記述がない。

* 「ピェンロー」を知らないのでWikipediaに頼った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%81%E7%82%89から抜粋。

扁炉
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

扁炉(ピェンロー、ピョンローとも)は、中国で鍋料理の意味。広東省あたりでは「鍋料理」を打辺炉という。「辺炉」(bianlu)と「扁炉」(pianlu)は発音が近いため、一部の地域では打辺炉の替わりに扁炉を使うことがある。
作り方 [編集]

水戻しした干し椎茸及びその戻し汁を出汁として使い、豚肉、鶏肉、白菜、春雨を煮込む。この段階で入れる調味料はごま油のみ。あとは各自で煮汁とともに取り分けてから、好みに応じて塩と一味唐辛子で味付けをする。

鍋の締めには白飯を入れて粥とする。この粥にべったら漬が良く合うと、妹尾河童が著書の中で紹介している。

上記の作り方は、妹尾河童によると、チワン族の郷土料理とされるが、ほとんどの中国人はこの作り方を知らないため中国でもほんの一部分の地域でしか食べられない鍋だと思われる。逆に中国では、妹尾河童の著書を読んで扁炉を知る人が多い。

一般の打辺炉は上記のものとは違い、魚介類や牛肉、ほうれん草を入れる。白菜は使わない。



 鍋料理であることは分かった。食べた量の記述はない。

* 明太奴」という料理(一品料理)があるのも知らなかった。
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/b298413894b3f795b80f9bd483cc4d53.html
 このサイト通りに作れば カロリーは61kcalである。

就寝:

洗顔・服薬して1時半、就寝。


 服用した薬は降圧剤のことだろう(http://www.tobunken.com/diary/diary20091115114018.html)。

# 鍋料理は具材まで書いて欲しい。量も添えてあると嬉しい。
塩分の摂りすぎは大丈夫だろうか。
 夕食を遅い時刻に食べていることは問題である。遅くとも21時までには食べてもらいたい。それには今の生活では実現できないだろう。生活全般の見直しが必要である。


仕事の優先順位:

単行本原稿は出来た分を送ってちょっと休み、次に今日が〆切の
メディアファクトリーの原稿。原稿用紙3枚程度のものなので
一気に書き上げ、メール。
それからまた単行本原稿にかかっていたら、メディアファクトリー
のSくんから電話。原稿のネタで以前同誌に同じ作品を扱ったもの
を載せており、カブるので差し替えを、ということ。
あちゃあ、うっかりしていたあ、と思い、今から原稿差し替えと
なるとネタ探しの時間がないなあ、と頭を抱えたが、ふと、
そうだ、こういうミスそのものをネタにすれば、と思いつき、
格好なネタがあったことを思い出す。すぐ書棚に飛んでいき
その本を探し出し、稽古場へ行くのを30分延ばしてもらって、
1時間強で一気に書き上げる。
急いでSくんにメール。


 わたしならまずメディアファクトリーの仕事を先に済ますのですが…
そうしないと、他の仕事に手がつけられない小心者なので。

Sくんからは“差し替えそのものをネタにするとは、さすが”と
メールが来ていた。受領は倒るるところにも土をつかめ、か。


 まあ納品できればそれでいいですか。仕事の優先順位のつけ方は、人それぞれ。

# メールが無事に送信/受信できなかったらどうするのだろう。ファクスか。
 やっぱり、締め切り当日の入稿はまずいのでは。余裕を持った方が…

(2009/11/21)

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Liquid Liniment

Author:Liquid Liniment
病弱で情弱、しかも打たれ弱いっていう愚痴

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。